インフルエンザ治療薬と言えばタミフル!しかし現在病院ではリレンザが処方されることが多くなっています。即効性に長けているのがリレンザの特徴ですが、どういった薬なのか当サイトで徹底解明していきます!!

  • ホーム
  • リレンザは幼児にも服用できるのか

リレンザは幼児にも服用できるのか

多色の薬

冬に流行するインフルエンザはA型のものが多く、A型が終息したころB型が流行し始めます。
どちらもインフルエンザウイルスによるもので、飛沫や接触、空気によって感染していきます。
季節性のインフルエンザの場合、リレンザやタミフル、イナビルといった抗インフルエンザ薬が良く効きます。
リレンザを使用するには高熱が出てから2日以内に吸入するのが大切で、ウイルスが増殖しきったころに吸入しても効果はありません。
ウイルスの増殖を抑える薬なので、増えすぎると対処できないからです。
リレンザの特徴としては、吸入薬であること、大人も子どもも同じ量の薬を使用すること、などがあげられます。
吸入薬なので、気道付近で増殖するウイルスに対し、直接作用することができます。
また、体内に吸収されないので、副作用が少ないのも特徴です。
そのため、リレンザは幼児や、10代の子供、大人、高齢者にも使用されます。
幼児が使用する場合、うまく吸入できるかどうかが処方の判断となります。
5歳未満の子供には、安全性が確認されていないこと、うまく吸入できないことにより、リレンザでなくタミフルが処方されます。
5歳近辺でうまく吸うことができれば、リレンザが使用されます。
幼児の場合、吹くことはできても、吸うのは難しいことがあります。
リレンザを使用する時は、薬をセットせず、そのまま練習を行うと良いでしょう。
2回ほど練習をすると感覚がつかめるため、薬を吹き込んでも失敗がありません。
薬はパウダー状のため、思い切り吸い込んでしまうと、むせてしまったり、吹き出してしまったりすることがあります。
薬が出てしまっても引き続き投与しないように注意しましょう。
必ず1回分を守るようにします。