インフルエンザ治療薬と言えばタミフル!しかし現在病院ではリレンザが処方されることが多くなっています。即効性に長けているのがリレンザの特徴ですが、どういった薬なのか当サイトで徹底解明していきます!!

  • ホーム
  • インフルエンザの定点観測の速報とリレンザの活用

インフルエンザの定点観測の速報とリレンザの活用

多様な薬

インフルエンザは、毎年11月ごろから翌年の5月ごろにかけて、特に冬場の空気が乾燥しやすい季節に、爆発的な流行をみせることがあります。
こうしたインフルエンザにかかった場合、38度以上の高熱が出て、筋肉痛や関節痛、せき、鼻水やのどの腫れをともなうなど、きわめて深刻な症状があらわれますので、体力の十分ではないお年寄りや子どもなどは厳重に注意しておかなければなりません。
インフルエンザが全国各地でどの程度発生しているのか、またそのウイルスのタイプは何かといった情報については、国立感染症研究所などで、毎年定点観測を行っており、速報は逐次、この研究所のホームページの中で公開されています。
したがって、インフルエンザの予防を真剣に考えるのであれば、まずはこうした定点観測の速報などをみて、地域における状況を確認することが大事であるといえます。
その上での予防対策としては、マスクを着用することのほか、やはり大流行に至る前に予防接種を受けておくことが考えられます。
予防接種をしたとしても、かならずしもインフルエンザにかからないという保証はありませんが、かかった場合であっても、その症状を小さくすることが可能です。
もしもかかってしまった場合には、リレンザのような抗インフルエンザウイルス薬を病院などの医療機関で投与してもらうというのがよいといえます。
このリレンザに関しては、専用の吸入器を使って、薬剤成分を口から吸い込むという、いわゆる吸入薬というタイプになっています。
これは、インフルエンザウイルスが気道粘膜などに感染して増殖しやすいということを踏まえてのもので、ウイルスに対してピンポイントではたらくように工夫をしたものということができます。

サイト内検索